忍者ブログ

無色の緑の考えが猛烈に眠る。

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

時間泥棒
最終面接終わりました。
役員さん五人衆との面接だったのですが、履歴書の確認をされただけだったので大したアピールもできずに終わってしまった。
しかし緊張のあまり分譲マンションと賃貸マンションを勘違いするという失態をおかした。悔やまれます。
私を含め六人がその場に来ていたのですが、各部署二人づつだったようで、もう全員雇ってくれよ、という気がしてならないです。頼む。

媚を売る、というと言葉が悪いが、要するに他人を褒めるということがどうも苦手ですね。
まさに媚を売っているようで、自分を売り込んでいるようで気が進まない。
もちろんすごい!と思ったことには正直すごい!というのだけれど、俗に言うお世辞とやらがとても苦手。どうせ嘘だとバレるし、バレた上で相手がこちらを見下してくるというのはどうも腹立たしい。
昔から組織にはふさわしくないと自覚はしていますけどね。
あーそういえば面接でもそんな話したっけなぁ......マイナスポイントだな...。


まぁとにかく、過ぎてしまったことはしょうがないのであとは連絡を待つしかないですわ。
神のみぞ知る、というやつですね。


それまでどうもやる気がなくて何も手につかず、見事絵に書いたようなニート生活が始まりました。
両親は働きに出ているし、他の子は学校だし、そういえば今日はご飯以外は部屋から出ていない...。
まずい。明日あたり買い物にでも出かけよう。イベントのチケットを買わなければ。





全く話は変わりますが、神秘的な話が好きで最近都市伝説の類にはまっています。
相変わらず幽霊とかではなく、妖怪の域にとどまりますが。
年季の入った家がミシミシと音を立てることに「やなり」という名前を付けたように、自然の不思議な現象に畏怖したのが妖怪の始まりとされているけれど、やはり豆腐小僧は何があって妖怪になったのか気になってしまう。
温厚な妖怪であると言われているけれど、持っている豆腐を食べると腹を下すそう。

ついでに県内の妖怪話を検索してみたのだが、「白蔵主」という妖怪の逸話が聞くも涙語るも涙でした。
狐狩りを諌めるためにあれこれと手を尽くす狐が最後に犬に食い殺されてしまうというなんとも世知辛い話。


で、今日見たテレビのコトドリという鳥が住んでいる森の話で、
その森に子供をつれて入るときに現地の人たちは「絶対に名前を呼んではいけない」と注意をしているそうです。
このコトドリ、声真似がすこぶる上手く、他の鳥の声からチェーンソーの音までなんでもすぐに完コピしてしまうんですね。求愛行動の一種らしいです。
つまり、もしコトドリの前で子供の名前を呼ぶと完コピされてしまい、森の奥でその名前を呼ぶので子供が行方不明になるとか...。
こういう神隠しもあるのかもしれないと考えてちょっと胸が熱くなるなど。



お了い。
PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ゆさしお
性別:
非公開
自己紹介:
こう見えて文章を書くのが好きなんです。
この春無事SE(笑)になりました。
何も考えているのかよくわからないと言われます。そこんとこだが俺にもようわからん。
最新CM
[03/24 アヤカ]
[01/22 アヤカ]
[01/06 アヤカ]
P R
Copyright ©  -- 自然治癒力 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]