忍者ブログ

無色の緑の考えが猛烈に眠る。

   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私「とっもだちひゃっくにんでっきるかな♪」

鈴「百人できたら富士山でおにぎりでも食べるの?ww」

私「果たして頂上には何人の友人が残っているかな。」

鈴「は?」

私「考えても見ろ。富士山だぞ?日本一高い山、富士山。登頂率はなんと50%を下回るという。つまり半数は途中でリタイヤするということだ。それが現実。この壁を乗り越えてすべての友人と一緒に山頂にたどり着きなおかつおにぎりを食すなどと陽気に歌っているこの歌はあまりにも理想的すぎると思わんかね?空虚だと、無駄だと、君はそう思わんかね?」

鈴「お前ちょっと電話帳見せろ。」



もちろん100人も友達いるわけねーだろばーかばーかばーか!!




………ばーか…







友達なんて信用できる人がひとりでもいればそれでいいのです。
さて、そんなこんな今日も授業です。





相変わらずいたずら書きの多い授業です。
ポルナレフ(jojo)が承太郎(jojo)の帽子をかぶったら永沢君の顔が浮かび、さらに顔を書いたら殺先生(暗殺教室)が浮かんだという図。連想ゲームです。左に向かって。


今日は東京は暑かったですね。なんでも25度まで上がったとか。初夏じゃん。
朝起きると風で窓がガタガタ言っていたので寒いと思い、しかしジャケットは重いので着たくないが故にヒートテックという画期的な人類の発明品を身につけていきましたが見事に失敗しました。汗をかいたぞ。ヒートテックは汗をかけばかくほど体を温めるというので全くもって今日は厄日です。


明日は穏やかな天候であることを祈ります。
PR
すっかりジョジョにはまったかけいです。
めちゃくちゃ面白いじゃないか。何故読まなかった。そんなレベルで読みすすめてます。
でもやっぱり好きなキャラは死ぬ運命だそうです。
以前、餡さんが「好きなキャラって自分の憧れの姿が共通してるんだって」と言われましたが、つまり私は若くして死ぬということでしょうか。
佳人薄命とはよく言いますが、私の場合下人薄命でしょう。
佳人と呼ばれるような人になりたいです。


さて、今日は先日弟の下宿先に行った時の話をしましょう。
そうです、無事弟も大学生になりました。めでてぇ。


時刻は午前四時。
お日様よりも早く起きるなんて何年ぶりでしょう。


朝焼け。

父「大丈夫。もうこいつと俺はソウルメイトだから。」


とカーナビをさしながら言う父。
私の父親はどうもカーナビと相性が悪く、耳にタコができるほど「リルートを開始します」を聞く家族旅行になるのが桐生家の常識でした。
最終的にはカーナビがへそを曲げて完全に車が山の中を走る形になるのでした。


弟「これGorilla(Panasonic)のカーナビだったら山の中をゴリラが颯爽と駆け抜ける映像になるのかな」


なんて画面を見ながらつぶやいた弟の言葉は今でも印象に残ってます。
ドライブしながら自然観察ができるなんて素晴らしいカーナビゲーションシステム、いやゴリラナビゲーションシステムですね。


あ、話を戻しましょう。
まぁそんなエピソードを残した父ですが今日はカーナビの言うことも聞いており、例の言葉を聞くことはありませんでした。



そして気がつくと新潟です!



流石に四月ともなれば雪も溶けているようで、穏やかな太陽の光がじわじわ社内を温め......






......






嘘でした
なんだこれやべぇ。
雪だるま何個分?雪だるま何個分?


どうやら私は日本海側の気候を舐めていたようです。
こんな土地で弟は元気にやっているんでしょうか?
凍えていなければいいのですが......。雪だるまは何個できたでしょう。




なんて考えていたら雪は消えました。
どうやら山間部だけのようで...。市街はほとんどありませんでした。


そして弟宅に潜入。
個人情報なので写真を載せることはできないのですがとにかく広かったです。羨ましい。


午後から家具を見に行きました。
電化製品を載せる台が欲しいようです。

そこで私は我慢しきれずに弟にジョジョの話を降ってしまいました。
思いのほか食いついてくれた弟はやはり私の弟なんだなと。
そして見つけたのですが













弟「孫だな。」



ワゴンと付けば必ず奴が来る。







さて、んなこんなくだらないジョジョネタばかり話していたらいつの間にか夕方に。
日帰りなんですよね。残念なことに。
また夏にゆっくり遊びに行きていと思います。





そして帰りのPAにあったお土産。





お分かりいただけるだろうか。この攻撃的なプライス。
次の瞬間ペルソナでも召喚できそうですね。



お了い。


さて、あれから旅館に戻った我々はいよいよ夜の宴でございます。
宴というと食事なので写真はありません。
食事中に写真を取ることは私大嫌いなので。
なんなんでしょうね。あのご飯をパシャパシャとる風習は。
知ってますか?携帯は大便よりも雑菌がついているんですよ。
それを触った手でご飯を食べるなんて......これ以上は下品なので言いません。


とりあえずそこにあったカラオケで何人かが歌ってくれました。
すごい古そうなカラオケなんですが女々しくてが入っていたので歌ってくれましたよ。
和式の部屋でみんながぴょんぴょん跳ねる姿には圧巻でした。
ほかにはおじゃ魔女ドレミとかウルトラマンとか仮面ライダークウガとかプリキュアとか聖闘士星矢とか。
選曲が我がサークルっぽくていいです。
ちなみに全員男が歌いました。

っていうかみんなお風呂上がりだったので浴衣装備です。
やってくれますね。本当にありがとうございます。
目の前の男子はお酒も入っているせいかどんどん浴衣はだけていきます。
もはや鎖骨ごちそうさまでした。

そういや先輩も歌ってくれたんですよ。聖闘士星矢。
普段はドラムなので歌声なんてめったに聞けないんですけど本当にいい声でした。
ありがとうございました。



そしてもう一度お風呂入ってきました。
やっぱ温泉はいいですね。
ちなみにこの旅館には屋上に温泉がありまして、時間ごとに分けて男女で入るそうです。
うっかり時間を間違えるとラノベのお約束のようなことになりかねませんでした。



露天。
とても気持ちよかったです。肉体も精神も。





さて、夜になるとみんなでテトリスをしました。
一部屋には大勢の男子が集まり談笑をしていたらしいですが。どうせエロゲでしょう。
私たちはテトリスをしてました。まぁ私は観戦係ですが。
9時から初めて終わったのが草木も眠る丑三つ時ですかね。どんだけテトリス。
最初は四人だったのですが気がついたら10人くらい増えてました。お前らそんなにテトリス好きだったの。
けいおんだよね?


その後女子部屋に戻るとまたお話です。
女子が部屋で夜に話すことといったら...という感じですが残念ながら私の好きな人や彼氏は次元が違うのでお呼びではないです。即刻寝ました。
おかげでほかのみんなは二時間睡眠に対し私は五時間寝ました。





さぁ二日目。
伊香保の石段街に行きました。



上からシーザー立ちです。見えないけど。
っていうかシーザーは階段の下でやってるんだよね。失敗。
ちなみに全部で365段あるらしいです。
一日一段登れば一年で登りきれることになりますね。素晴らしい。
一時間くらいでのぼれました。

そこからさらに登ると展望台があるらしくみんなで登りました。



めっちゃ山。
まぁ山梨生まれの私には見慣れた光景ですがね。

先輩「タバコなんてもう吸わない......。」

喫煙者は大変ですね。


ちなみに途中から私は女の子達と離れました。
ごめんなさい野生児で。ごめんなさい昔から山登ってて。
先頭組と合流して展望台につきました。




SUGEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE

すげぇ広大。すげぇ広い。
ビビった。
もうなんかいろんなことが本当にどうでも良くなります。
すごいですね。言葉が出ませんでした。
圧巻といいますか、とにかく息を呑むとはこのことです。
風も心地よかったのでしばらく景色を眺めて体を休めることができました。


先輩「ここで一服...」


本末転倒です。


そしてそばにあった小さな公園。



みんなではしゃいだ。
みんなでブランコとか滑り台とか登り棒とか。
みんな二十。
これが二十の姿。
小さい子たちが近寄れなかった。本当のゴメンネ。
みんなでゼーハーゼーハーしながら遊んだ。
微妙に私の体力量に驚かれた。
伊達に山で育ってません。


ここで後尾組と合流。


後尾組「展望あっちですよ?」


私の感動を返して欲しい。





さて、ロープウェイで降りたあとに昼食をとって帰路につきます。


桐生「福…しるこ。」


いかにも真ちゃんが釣られそうなおしるこですね。
担げる験を担ぐのが真ちゃんですからね。
早速いただきました。



ちゃんと手を拭きましたよ。不服ながら写真撮らせていただきました。
ふぐの中にもちが入っているんですがめっちゃうめぇ。
めっちゃうめぇ。
めっちゃうめぇでした。
甘すぎず、かといって味がないわけでもなく。
とくにふぐのもなかが美味しかったです。






まぁそんな感じで二日間の旅が終わりました。
群馬県の伊香保は初めて行きましたが山梨と似た雰囲気があってとてものどかで楽しかったです。
しかもサークルメンバーと一緒だったので倍楽しかった気がします。
いよいよ春休みもおしまい。最後にいい思い出ができてよかったです。



ps
二日目の朝にツイッターで八朔に心配されまして、何かと思ってテレビをつけたら衝撃の速報でした。
堺雅人さん、菅野美穂さん、ご結婚おめでとうごさいます。
大奥面白かったです。お幸せに!
ただいまです。
バスの中とか言って結局二日間で全く更新できなかったていう。
まぁ聞いてくれ。楽しかったんだ。



意気揚々とバスに乗り込み、やんややんやと騒ぎながら群馬までバス旅です。
車内は小学生の遠足状態。何が違うのかといえば話題がAVとエロゲだったことでしょうか。
ちなみに男女比19:4。
これが噂の逆ハーレムってやつですね。
残念ながら彼らの恋愛対象は一個次元が前なのですが。


さて、そんな中。静岡のPAにて休憩。





こんなの見つけちゃった。
なんの挑戦心だろう。旅行にテンション上がっちゃったんだよな。
味はトマトでした。おすすめはできません。
トマト好きの友人も顔をしかめる始末。
まぁ体にいいことは間違いないでしょう。


Note「……しゃべるとトマトくせぇ。」


遠まわしに黙れってさ(´∀`)



結局一本飲み干していざ群馬。
...しかしここで事件発生です。

体質か知りませんが私とてもトイレが近いんです。
そりゃもう、カラオケでドリンクバーなんて頼めばトイレフィーバーが発生します。
違うんです。別にあなたの歌が聞きたくないんじゃなくてトイレが近いんです。

それを忘れて300mlほど一気に飲んでしまったので一時間も経たずに尿意に駆られました。


桐生「……これは...やばい。」

ガタガタガタ

まじで膀胱が破裂するかと思った。


人間危機が迫ると楽な方に逃げようと思ってしまうものですかね。
何度膀胱の力を抜いてしまおうと思ったか。
もう20の大学生女子としては一貫の終わりですね。というより人間のおわりです。

となりのNote(姐御)は死にそうな声で「がんばれ」って言ってくれました。
彼女三半規管が弱いので彼女こそ必死でした。
カーブで「曲がってる!曲がってる!!」と危機迫る声でうめいてました。
いつか彼女を乗せて山梨の山を登りましょう。


結局運転手さんに言ってコンビニで止めてもらいました。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
もう二度と飲み物は飲まない。





とりあえず群馬着。
さっそくグリーン牧場なる場所に行きました。



めっちゃ広い。


まぁ牧場です。そりゃぁ動物もいらっしゃいます。





すごい牛。




死んだように眠る兎。



<->ェ<-> メェ~

こんな動物をそばで見ることなんてめったにないですからね。
こうして様々な動物たちを撮影しているところに、後ろから何やら気配がしました。



















めっちゃ見てる。


静止画だから伝わりづらいと思うんですが何か食べていたので口がくちゃくちゃしているんですよね。
さながら不良のよう。

「あんだこらやんのか?モコモコで窒息死させんぞ。」




それから牧場を回ったのですが直に小さなアトラクションがありました。


桐生「わっほおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおい!!!!」





ちゃちいアトラクション大好きです。
ここは中国か、と疑うようなアトラクションですね。




うろうろしていると私は何かを受信した。




桐生「エース!!エース!!!!エースのふぃぎゅあ!!!!」


その中の一角にまたまた小さいゲームコーナーがありましてなんとエースのフィギュアがあったんですね。
これは運命だと思い一回やってみました。
一回二百円。高いよばか。
でもまぁ一回くらい。どうせ取れないしネタくらいには、とやりました。




取れてしまった。
しかも二個。

これにはNoteさんも私も言葉を失いました。


桐生「......取れちゃったよ...。」


このあとサークルのメンバーと合流して笑われました。


「牧場で何してんのwwwwwwwwww」


私が聞きたい。




そいうやいつの間にかサークルメンバーみんなこのアトラクション広場に集まってました。
アトラクションのってました。
お前らこそ牧場で何してんの。




最後に入口そばにあったアーチェリーで遊びました。







何度も言いますがここは牧場です。


「群馬の食料調達は猟だから。これで群馬でやっていけるね。」


そういう意図なのだろうか。




それにしても楽しかった。






杉林。

サークルの半分は花粉症というのにこれが旅館の前にありました。
殺人的ですね。


つづく
おはようございます。
昨日東京に行きまして今日からサークルの合宿という名の慰安旅行に出発します。
場所は群馬の伊香保温泉。
新潟との県境に位置するらしく先週はまだ雪があったとか。
それから新潟旅行から帰ったら弟が言いますに、群馬のパーキングできゅうりとトマトが刺さったソフトクリームがあったらしいです。移植にもほどがあるコラボレーション。
あわよくばそれを見れたらいいな、と思っております。
しかし異境の地群馬。
パスポート発行してませんが入れますかね。そこが心配です。

さて、今日から明日まで暇があったらぼちぼちリアルタイムのごとく書いて行こうと思います。
っというのも、大容量バッテリーが売りのおぷてぃますらいふさんはバッテリーがあらかじめもう一つついているのが特徴です。
バッテリーが二個。
そりゃ二日ぐらい充電なしで生きられます。
しかし私はこともあろうかそのバッテリーを忘れてしまったのです。
なんという失態。
なので一気にブログ書いてしまいたかったのですがなにもしてなくてもバッテリーが減るあんどろいどさんには自殺行為というか寿命を削るテンションホルモンのようなものなのでちまちま更新しようという結論に至りました。

まぁ、そんな感じでじわじわ更新する二日間よろしくお願いします。
なんやかんや明日には飽きているかもしれません。



ところで、今集合場所までの電車の中なうです。
今日は朝からやることが多すぎて散々です。イヤホン忘れるし。暇すぎてアホになりますわ。

昨日支度する時点でまずトラベルセットを持ってなかったという事実に直面しました。
歯ブラシはあるんですがね。
ボディソープ類はそういや夏合宿でも持ってなくて苦労したな、など気づく昨夜午前二時。アホか。
望遠鏡持って踏切にでもいってやろうかと思いましたよ。
雨降ってましたけど。

で、まぁ、コンビニまで行く気力もなく集合場所行く途中に買おうという結論に至りました。朝から責任重大です。
そもそも時間通りに起きれるかも疑問です。
しかし起きるしかありません。下手したらおいていかれ兼ねませんから。
私はやれば出来る子です。
目覚ましも三つくらいかけました。

結局起きたのは目覚ましの五分前。
すっごい嫌なタイミングで起きました。二度寝したい。
仕方なく目覚ましが鳴るのを待機して止めてから支度を始めました。
しかし酷い顔だ。むくみすぎだろ。もう誰にも会いたくない。
すでに鬱になりつつ身支度を済ませ部屋を出ます。
この時腕時計を忘れました。

そしてコンビニ。
はちゅねみくまんがあればそれを朝ごはんにしようと思いましたがこんな時間からアルワケネー。
お腹は空いてますが食欲が無いのが朝の桐生の特徴です。
それでもまぁ10時になれば手当たり次第のものを口に入れ出す程にお腹が空くので一応サンドイッチだけは買っておきました。
そして当初の予定だったトラベルセットを購入し、レジに並ぶと、

何やら鞄から声が聞こえます。

これはもしや一緒に連れてきた小さい真ちゃんの声ではなかろうか…!


そんな寝ぼけた期待をしますが聞こえるのは小野大輔の声ではなく敬愛するアーティストの声でした。

高らかに歌ってます。私の鞄で。

iPhoneのアラームでした。
止め忘れていたようです。

しかし困りました。
ただいま荷物でてが埋まっており止めることができません。
まぁでも、かすかに聞こえる声なのであとで外で止めればいいでしょう。
とりあえずお会計。万引きに間違われては大変です。
と、鞄を開けると

【絶望の時代でわかってるんだよ
歌じゃ世界を救えないことも】

高らかにサビに入りました。
運悪くiPhoneさんは財布と一緒の場所にいたので財布を探せば探す程iPhoneさんが歌います。
どうせなら千本桜にセットしておけばよかった。ファミマだし。
この時ようやくイヤホン忘れたことに気づき絶望しました。
歌じゃ世界を救えないですが私の暇は救えます。



そんなことを書いているうちにあと少しで着きそうです。
次の更新はバスの中でしょうか。
そういえば群馬でXiは入るのでしょうか。
因みに山梨ではギリギリ入りました。
楽しみです。


お了い。
  
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
ゆさしお
性別:
非公開
自己紹介:
こう見えて文章を書くのが好きなんです。
この春無事SE(笑)になりました。
何も考えているのかよくわからないと言われます。そこんとこだが俺にもようわからん。
最新CM
[03/24 アヤカ]
[01/22 アヤカ]
[01/06 アヤカ]
P R
Copyright ©  -- 自然治癒力 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]